ED治療薬で男性機能を改善

複雑な社会になればなるほど、私たちの生活は、乱れやすくなります。昼夜を問わず営業しているお店や社会大都会。そんな中でひそかに進行しているのがEDです。EDとは、「Erectile Dysfunction」の略で、日本語で「勃起障害」あるいは「勃起不全」と訳されます。そのために、男性であることの自信をなくしたり、また、安心して女性とセックスができなくなってしまう男性もいます。
これらに対して、ED治療薬は、勃起能力を高め男性機能を改善・回復させる役割を果たします。バイアグラ、レビトラ、シアリスなどがあります。
それでは、ED治療薬はどのように、勃起能力を高めるのでしょうか?まず、勃起のメカニズムを理解しましょう。勃起のメカニズムで大切なことは、ペニスには、筋肉はないということです。その代わり、肛門周辺にあるPC筋とBC筋が関係します。まず、男性は性的興奮を覚えると、BC筋といわれる筋肉が、勢いよくペニスに血液を送り込みます。そして、すぐにPC筋がそれに栓をして持続力を持たせます。ペニスの血が流れ込むところを海綿体といいます。ペニスの勃起力は海綿体が血液でパンパンに満たされた状態だったのです。
ところが、EDになると、何らかの原因で、血流の流れが悪くなり、つまって血流がペニスに流れにくくなってしまいます。そのために勃起力が低下したり、勃起ができない状態になるのです。
そこで、男性機能を改善するためには血管を拡張させて、血流を流れやすくすればよく、それをするのが治療薬の役目です。したがって、どの治療薬も、血管を拡張させて、全体の血の巡り良くすると同時に、海綿体に血液を送りやすくすることが目的ですので、一般の血の巡りがよくなる薬と同じです。実際にバイアグラは、血管拡張の薬を開発中に副作用として勃起という作用があることから偶然発見されました。つまり、脳に働きかけるわけではないので性欲でおかしくなったり、中毒になることはありません。脳で感じた後の血流に関係するために、治療薬を飲んでも、性欲が刺激されなければいつもどおりです。
一方で、血管に取り込まれる必要があるために、どの治療薬も、食事の影響を受けます。なぜなら、食事後は胃や腸壁に油膜が張ってしまい、治療薬の有効成分が血管中に吸収されにくくなるからです。そのために、これらの治療薬は空腹時に服用する必要があります。もし、食事の後に飲むような場合も、腹八分目にして油の吸収量をしっかりと抑える必要があります。

■今人気のあるED治療薬はコレ
タダリスSXは安くても効果あり
■EDを治療したいならこのサイトで購入
ED治療薬を通販するなら「医薬品@通販」
■シアリスのジェネリック医薬品です
タダシップ
■即効性の高いED治療薬といえばコレ!
レビトラの即効性の高さとは