EDの原因となるアンドロポウズとED治療薬を用いた治療

勃起不全の問題は、泌尿器科に加え、内科や性病科などでも診察してもらう事ができます。これらの診療科目では、それぞれの症状に応じたケアを提供しており、症状別で異なる専門的な治療を受けることが出来るようになっているのです。特に、性病科では性感染症が問題になる勃起のトラブルに対応してもらう事ができ、適切な薬剤を処方し、治療を受ける事が可能です。
一般的な勃起の機能の衰えは、ホルモン分泌に関係する事が多く、男性の場合は年齢が上がるにつれ、精子の生産量も低下し、性的な欲求が著しく低下してきます。
とりわけ、この傾向が顕著になるのが、男性の場合は四十歳程度で、この時期を境にして性的な衝動も低下する事が知られているのです。これは男性ホルモンの分泌の減少が大きく関係しているもので、アンドロポウズとしても知られている男性に特有の更年期障害です。このアンドロポウズの発生するタイミングでは、加齢が原因となり筋肉量が低下し、場合によっては精神的な鬱状態を経験するケースも頻繁に見受けられます。
しかし、男性が体力の衰えを感じるアンドロポウズの時期に、適切なED治療薬を用いる事で、勃起不全や性的な欲求の低下を制御する事も可能です。
ED治療薬の中には、男性ホルモンの分泌を促す類のものもあり、陰茎への血流を大幅に増幅させる事も可能なので、これらの薬剤を組み合わせて服用する事で、若い頃と同じような性行為が可能とされます。
更年期障害は女性に特有の身体的な不調だと考えられがちですが、高齢の男性も体力の衰えや性欲の著しい低下を経験する事になります。この年齢が原因となる性的なトラブルを改善するには、適切なED治療薬の服用が必須です。